2008年12月31日

インターネット型の結婚相談所と出会い系サイトについて

その後どうですか?変わりない?今日も昨日の続きです。ここ近年では草食男子と言う言葉有るように「婚活」(結婚活動)をしなければ結婚が難しい時代といわれています。

積極的に婚活に取り組んでいる人に、結婚相談ところを利用している人がおおいようです。
ここ近年では、「ブライダルネット【インターネット型の結婚相談ところ】」もあり、従来の結婚相談ところのように出向かなくてもいい気軽さから会員数を増やしています。
だが、インターネット上のサイトですので怪しい出会い系サイトと変わら無いのでは?とおもわれている人も少なく有りません。

ブライダルネットは結婚を目的とした男女の出会いの場を提供しているのであり、軽い付き合いをもとめる出会い系サイトとは大きく異なります。

出会い系サイトは、「彼氏や彼女」「メール友達」「あそび友達」など比較的軽いノリでの付き合いを募集しているといえます。
入会するにあたっての制約が無いので、未成年や収入の無い人、既婚者まで誰もが利用でき、其れを悪用して職業や年齢を偽って登録し、時々新聞をにぎわすようなトラブルが起着る事も有ります。
其れに対して、ブライダルネットは目的を結婚としており、会員全員が結婚を前提にした付き合いを希望しています。

その為入会時には審査があり、当然収入の無い人や既婚者は登録する事が出来ません。
入会金と毎月の会費も必要になってきますし、あそび感覚の人は先んじてこの費用の面で登録し無いでしょう。
入会時の審査で身元もしっかりわかっていますので、職業や年齢を偽る事も出来ません。
出会い系サイトにおおい「サクラ」の心配も無いわけです。

これから婚活を本格的に初めようとしている人には、安心して結婚相手を捜せるブライダルネットはオススメだとおもいます。お役に立ちましたか?いろいろ調べてみると面白いですよね。
posted by 婚活117 at 11:03| 結婚活動

2008年12月20日

結婚活動について

今日も有難うございます。私は結構良い日でしたよ^^。さて、「婚活」と言う言葉をご存知でしょうか?

就職する事を目的として、多様な企業から情報収拾したり、自分自身のやってみたい仕事を捜して面接に言ったりする活動を「就職活動」、略して「就活」と言います。
この「就職」を「結婚」に置き換えた言葉が「結婚活動」、略して「婚活」です。

「婚活」と言う言葉は、2008年に誕生しました。
就職するのと同じように、結婚も自分自身から動かなければいい結婚に繋がら無いと言う事を意味しています。

そもそも、なぜ婚活しなければ結婚出来無いような時代になってしまったのでしょうか。
むかしは、結婚相手は親が決めており、お見合い結婚が盛んでした。
けれど、次第に結婚相手を自分自身で選ぶ恋愛結婚の時代になります。
お見合い結婚が盛んな頃は、その人しか対象になら無い為に結婚相手は比較的すんなり決まっていったのだとおもいます。

出会いも数少無い為、その時その時の出会いをとても大事にし、結婚相手を決めやすかったのでは無いでしょうか。
けれど、自分自身で相手を見つける恋愛の場合は、其れだけあまたの出会いを経験する事になります。
出会いの機会が増えた分、相手に対してもとめるものの基準も高くなってきました。

その結果、お互いに少しの事では妥協しなくなり、結婚までたどりつく確率が低くなってしまったのです。
今では、婚活なくして結婚できる人は少なくなってきたと言ってもいいでしょう。

では、いざ結婚活動と言うと何をすればいいのでしょうか。
合コンに参加するのもよし、結婚コンサルテーション 所に行くのもよし、とにかく先んじては自分自身で行動する事です。
結婚コンサルテーション 所と言うと敷居が高い気がするかもしれませんが、今ではわざわざ出向かなくてもインターネット型の結婚コンサルテーション 所(ブライダルネット)と言うものが存在します。

ブライダルネットは、パソコンさえあれば婚活出来ますししかもリーズナブルです。
これから婚活しようとしている人にはオススメです。今日はこのあたりで。お役に立ちましたか?

結婚 条件
posted by 婚活117 at 13:21| 結婚活動